ボジョレーヌーボー 2013年の出来は?過去の出来から予測してみた!





a0001_014504ボジョレーヌーボーの
解禁までもう少し!

2013年の出来はどうなんでしょうね。

 

ボジョレーの評価は、毎回、
面白いほど「良い出来」のもの
ばかりですが…

2013年の評価が気になるところです。

 

ボジョレーヌーボーといえば、
フレッシュさを楽しむのも一つの要素。

 

去年はかなり厳しい天候の年で、
ハズレ年と言われながらも、
ボジョレーらしい、スッキリとした
ワインを楽しませていただきました。

 

さて、2013年の
ボジョレーヌーボーの出来はどうなんでしょう?

過去の出来から予測してみました。


Sponsored Link



ボジョレーヌーボーの出来はどこで決まるの?

ボジョレーヌーボーは毎年、
ボジョレーワイン委員会(フランス)が
出来についての評価を行っています。

 

毎年、ワインの出来を確認するための試飲が、
ボジョレーヌーボーという新酒であり、
それによってブドウの出来具合を評価しています。

 

 

ワインには糖度だけでなく、
適度な酸味も必要になります。

 

新酒を確かめることによって、
その年の取引高が決まるそうです。

 

 

とはいえ、味覚というのは
個人差も結構あるとは思いますが…


Sponsored Link



ボジョレーヌーボー これまでの出来は?

ボジョレーヌーボーのこれまでの出来については、
毎年、評価の表現も注目されています。

 

そんなボジョレーワイン委員会が評価した
毎年の出来につい調べてみました。

a1180_009950

 

一般的なレビューによると、
おすすめだったのは2003年だとか。

 

2003年の出来は、
「100年に1度の出来」と言われたもの。

 

 

とはいえ、2005年「ここ数年で最高」という
評価でしたし、翌年、2006年も、
「昨年同様良い出来栄え」というものでした。

 

ハズレ年と言われた、昨年の2012年であっても、
「史上最悪の不作だが、ブドウの品質はよく熟すことができて健全」
というプラス評価。

 

ボジョレーに関しては、基本的にプラス評価のようです。

 

 

味覚というのは個人差がありますので、
「これが一番おいしい!」とはっきり言い切ることは
ないのかもしれませんね。

 

ボジョレーワイン委員会の評価は、
一つの目安という程度でいいのかもしれません。

 

ボジョレーヌーボー 2013年の出来を予測してみました!

2013年のボジョレーヌーボーの出来は、
かなり期待できそうです。

a1180_005850

 

ボジョレーヌーボーの解禁日ももうすぐ。
2013年の解禁日は、11月21日(木)です。

 

 

今年のボジョレー地方は、
安定して良好の天候だったそうです。

 

現地で、今年のブドウの生育状況を確認する、
各アルコールメーカーの報告を調べたところ、
ブドウが成熟するために必要な夏の太陽に恵まれ、
かなり良質の収穫が期待できそうだとか。

 

 

昨年が大きく不作の年だっただけに、
今年の出来はかなり期待できそうですね。

 

 

ボジョレーヌーボーと呼ばれるワインは、
限定された条件がありますが、
その中でも、ワンランク上のブドウから作られる
「ボジョレーヴィラージュ」があります。

 

こちらは、より厳しい基準を
クリアしなければならないため、貴重な限定品

 

同じボジョレーの新酒ですが、
良質なブドウから作られるさっぱりとした味わいを
楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

ボジョレーにもヴィンテージがあります。

ヴィンテージや、ボジョレーヴィラージュなど、
限定品は早めに予約しておきましょう。

 
 

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ