ローストチキンのレシピで人気は?フライパンで超簡単!





2013-09-16_190340ローストチキンって
美味しいですよね。

クリスマスでは、
人気の定番メニューです。

 

ただ、普段作らないものだから、
レシピや作り方が分からない…

 

それでこの間、ローストチキンの
レシピや作り方を調べていたんですが、
ローストチキンのレシピってたくさんあって、
どれが良いのか、よく分からないんですよね。

 

そこで今回は、フライパンを使って出来る
お手軽なローストチキンの人気レシピについて調べてみました。


Sponsored Link



ローストチキンってなんでクリスマスに食べるの?

元々、中世のヨーロッパでのご馳走といえば、
ブタなどのお肉でした。

 

お祭りやお祝いの時には、丸焼きにした子豚や、
野菜や果物などを詰めて焼かれた豚の頭などを
テーブルに並べ、パーティーを行っていたそうです。

 

しかし、ヨーロッパからアメリカ大陸への
移住が行われ、慣れない土地での
豚や羊の飼育は、困難を極めました。

 

そこで、豚や羊の代わりとして、
野生の七面鳥に目をつけ、
七面鳥を1羽まるごとローストにして
食べ始めたのです。

 

その後、アメリカ大陸に渡った
ヨーロッパ人の中で生まれたこの習慣が、
再度ヨーロッパに伝わりました。

 

こうして、感謝祭クリスマスに、
七面鳥を食べるようになったと言われています。

a1180_005095

 

しかし、日本では七面鳥よりも
ローストチキンの方が一般的ですよね。

 

なぜ、日本ではクリスマスに、
ローストチキンを食べるようになったんでしょう?

 

実は、クリスマスにローストチキンを食べるのは、
日本独自の文化みたいなんです。

 

元々、ヨーロッパやアメリカなどでは、
七面鳥のローストを食べるのが一般的です。

しかし、日本では七面鳥を手に入れるのは難しい…

 

そこで、日本でも容易に手に入る
ポピュラーなチキンが使われるようになったようですね。

 

そのため、クリスマスにはチキンを食べなければならない!
とかいうわけではないんです。

 

噂では、クリスマスにチキンという考え方が定着したのは、
某フライドチキン店の宣伝による効果とも言われていますが、
真偽ははっきりしていません。


Sponsored Link



ローストチキンの人気レシピは?フライパンで作れちゃいます!

ローストチキンといえば、
鶏を丸ごと使った丸鳥と、
もも肉のローストチキンが有名ですよね。

 

中でも人気なのは、もも肉のローストチキンみたいです。

丸鳥に比べて簡単に調理出来ますし、
購入するにもお手頃ですからね。

 

しかも、もも肉なら、
フライパンでも簡単に作れちゃうんです。

 

では、早速鶏もも肉のローストチキンの、
フライパンを使った人気レシピを見てみましょう!

 



 

<材料(2人分)>

 
  • 骨付き鶏もも肉2本
  • ★オレンジジュース500ml
  • ★しょうゆ50ml
  • ★にんにく(スライス)3枚
  • ★レモン汁5ml
  • ★塩少々
  • ★コショウ少々
  • バター20g
  • オリーブオイル50ml
 

<作り方>

 
  1. 鶏もも肉を、骨に沿って身を切り開く
  2. 深めの容器に、★の材料を入れて混ぜ合わせる
  3. 容器にもも肉を入れて約15分漬け込む
  4. もも肉を裏返してさらに約15分漬け込む
  5. 漬け込んだもも肉をクッキングシートで包み、タコ糸でしばる
  6. もも肉をそのまま約15分蒸す
  7. フライパンにバターとオリーブオイルを入れて熱する
  8. 蒸したもも肉を、皮を下にしてフライパンに入れ、弱火で焼く
  9. 皮に焼き色がついてきたら裏返す
  10. 油をかけながら約15分焼く
  11. 先ほど鶏もも肉を漬け込んだオレンジジュースを、
    鍋で半分以下になるまで煮詰める
  12. 煮詰めたオレンジジュースを、チキンの油をふき取った
    フライパンに移し、とろみがつくまで煮詰める
  13. 煮詰めたものをこして、ソースを作る
  14. 焼き上がったチキンにソースをかければ出来上がり!
 

 

オレンジジュースを使う、少し変わった作り方ですが、
プロが教える人気のレシピです。

 

ソースも独自性のあるものなので、
今までとは一風変わったローストチキンとして、
食卓やホームパーティに出せますよ。

 

余ったローストチキンはどうするの?

美味しいローストチキンですが、
困るのが、余ってしまった場合です。

a0002_009324

 

ふんわり感が無くなり、パサパサしてしまうので、
そのまま食べるのはちょっと…

 

そんな時、上手に食べるための
超簡単な調理法を紹介しておきます。

 

①刻んで、チャーハンの具にする

これはそのまんまですね。

簡単に出来るのでおすすめです。

 

お好みでレタスやマヨネーズをトッピングしたり、
照焼きのタレなんかをちょっと足してもOK!

 

 

②一口サイズに切って、サラダパスタにする

さっぱりと食べたい方におすすめ。

 

ソースは、イタリアンドレッシングにすりおろしニンニク少々、
醤油、ブラックペッパー、スイートチリソース、
お好みでマヨネーズや粉チーズを入れればOKです。

 

茹で上がったパスタを冷水でしめ、
チキン、レタス、先ほど作ったソースなどを混ぜ、
トッピングに温泉卵などをのせれば完成です。

 

 

③骨付きのまま、スープにする

ローストチキンを、
骨付きのまま鍋に入れます。

 

キャベツ、タマネギ、マッシュルーム、セロリ、人参などの
野菜を入れて、塩・コショウで味付け。

 

白ワインと月桂樹の葉なんかも入れれば、
美味しいスープに早変わり!

 

いかがでしょうか?

こうして見てみると、
割と何にでも使えますよね。

 

 

ローストビーフは、一品あるだけで
食卓の雰囲気も華やかに変わりますよ。

 

フライパンでも簡単に作れるので、
ぜひこの機会に作ってみてはいかがでしょうか?

 
 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ