相続税の税率が変わる?基礎控除の改正とは?





a0002_003051相続税の税率が
変わることをご存知でしょうか?

相続税の基礎控除も
変わってきますので、
課税される対象が変わる
可能性もあります。

平成25年度税制改正が成立すると、
相続税の基礎控除が引き下げられ、
平成27年1月1日以後の相続について、
課税対象者が大幅に増える見込みとなっています。

 

相続税は、遺産を残した人の死亡日の翌日から
10ヶ月以内に支払うことになります。

市町村に死亡通知が届くため、相続を隠すことはできません。

税務調査も入りますので、
前もってしっかり理解しておくことが大切です。

そこで今回は、相続税の税率アップ
基礎控除額の変更による影響などについて、
具体的な例などを交えてご紹介します。


Sponsored Link



相続税とは?

9df8c4487e0430cd686e37c49e23cd5d_s

 

 

 

 

 

相続税とは、死亡した人の財産を相続したり、
死後に贈与された場合に、受け取った人が支払う税金です。

相続税はかかるものとかからないものがあります。

 

相続税の対象となる財産とは、

『現金をはじめ、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などのほか、
貸付金、特許権、著作権など金銭に見積もることができる
経済的価値のあるすべてのもの』

とされています。

 

対象とならないものもあり、墓地や墓石、仏壇、仏具のような
日常的な道具についてはかかりません。

ただし、日常的に使っていても骨董的な価値があるなど、
投資の対象となるものについては課税されます。

相続が予測される場合、
まずは財産の内容把握が大切ということですね。


Sponsored Link



相続税の基礎控除とは?改正でどう変わるの?

相続税は、相続したからといって
すべての人にかかるわけではありません

相続した財産の額によって、相続税がかけられます。
相続した額が一定額以内であれば、相続税はかかりません。

こうした、一定限度額を設定し、
税金がかかるかどうかのラインが「基礎控除」です。

http://youtu.be/rmtdAch9vOw

 

基礎控除は相続人の数によって金額が変わってきます。

現在の相続税の基礎控除は、
「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」
で計算します。

 

例えば、1億円の財産があり、
法定相続人が3人(妻、子供2人)だったとします。

その場合、5,000万円+1,000万円×3人 で、
8000万円が基礎控除となり、
8000万円までなら相続税がかかりません。

1億円のうち、この8000万円の基礎控除を超えた
2000万円が相続税の対象となるわけです。

 

しかし、平成25年度税制改正により、
相続税の基礎控除が6割も引下げられることになりました。

改正後の計算方法は、
「3000万円+600万円×法定相続人の数」と大きく下がり、
平成27年1月1日以後の相続から適用になります。

 

同じ条件で相続税を計算すると…

1億円の財産に法定相続人が3人(妻、子供2人)の場合、

3000万円+600万円×3人で、基礎控除は4800万円
これを超えた、5200万円が課税対象です。

改正前は2000万円だけにかかっていた相続税が、
改正後の対象は5200万円と
倍以上になってしまいましたね。

 

この改正により、
今まで相続税を考える必要のなかった人にも、
相続税がかかる可能性が出てきました

戸建の家や立地の良いマンションを相続するだけでも、
控除額を上回る可能性がありますからね。

特に大都市圏では影響が大きく、
「戸建の家を持っていると相続税がかかる」
と言われているほど。

今後、注意が必要と言えるでしょう。

 

相続税の税率UPによる影響は?

a0990_001463

 

 

 

 

 

平成25年度税制改正では、
相続税の基礎控除の引き下げだけでなく、
相続税の税率自体の改正も同時に行われます。

改正される税率の対象者は、
「2億円超3億円以下」「6億円超」の相続を受け取る人。

実際に支払う相続税は、基礎控除となる金額を除き、
法定相続分(民法で決められた取り分)で
相続する財産を分けた後に税率がかかります。

かなり大きな財産額の方のみ対象になりますので、
こちらに関しては、一般の方は
あまり心配しなくても良いでしょう。

 

今回の改正でアップした相続税の税率は

●「2億円超3億円以下」
改正前 税率40%(控除1700万)
改正後 税率45%(控除2700万)

●「6億円超」
改正前 税率50%(控除4200万)
改正後 税率55%(控除7200万)

となります。

 

まとめ

相続税の税率の改正については、
かなり大きな遺産がある方のみの変更になります。

ですが、基礎控除率の引き下げによって、
対象となる財産額が小さくなり、
課税される可能性が高くなった方も多いのでは?

もしかしたら?という方は、
まず相続資産をチェックしておきましょう。

 

また相続税は、計算や手順が非常に複雑です。
自分で色々考えるのも大変ですし。

そのため、相続税がかかりそうであれば、
一度弁護士の方に相談してみるのが良いでしょう。

特に不動産売却などを考えている方は、
増税で売却価格にも影響が出る可能性がありますので、
ぜひ早めに相談してみてくださいね。

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ