インフルエンザ 予防接種の効果期間と最適な時期は?





009299毎年、インフルエンザの流行のニュースが流れますね。

流行してからでは遅いもの。
予防接種でしっかり予防したいものです。

とはいえ、予防接種の効果期間や、
効果的に予防するための最適な時期なども気になりますね。

そこで今回は、インフルエンザの流行時期や初期症状、予防接種について、
気になる情報をまとめてみました。


Sponsored Link



インフルエンザの流行時期は?どんな症状?

インフルエンザの流行時期は、だいたい12~3月頃。

乾燥して温度が低くなる冬の季節は、
インフルエンザウイルスが活発になり、長生きできるからです。

 

初期症状は、急な発熱や悪寒、頭痛などから始まります。

普通の風邪の場合は、軽い頭痛や鼻水、くしゃみなどから始まりますが、
インフルエンザの場合は、急激に症状が現れます。

熱も高くなり、関節痛などもひどく、喉が腫れ上がる場合もあります。
鼻水は後期の症状に出やすくなります。


Sponsored Link



インフルエンザの予防接種をする最適な時期は?

インフルエンザの予防接種を効果的にするためには、
流行するより前の12月上旬頃が最適な時期と言えます。

特に、2回の摂取によってより予防効果が高いとされていますが、
1回目から2回目にかけての予防接種では1-4週間の間隔をおくことになります。

この2回目までの予防接種期間が最も免疫を作る効果が高いとされています。

 

インフルエンザ予防接種の効果期間

インフルエンザ予防接種を受けた後、
効果が出るまでに約2週間ほどかかるそうです。

その後、その効果は約5か月程度持続するといわれています。

ただし、個人差がありますので、
しっかり予防したい方は早めの予防接種が良いのかもしれません。

 

インフルエンザの予防接種でインフルエンザは100%防げる?

インフルエンザの予防接種によって、
約5か月間、効果が持続されるとされています。

ですが、予防接種したウィルスが必ず流行するわけではありません。

予防接種につかわれるウィルスは
A型、B型、C型に分かれ、さらに分類されています。

つまり、A型の予防接種を受けたとしても、
その年に流行するインフルエンザがB型であれば、
効果はほとんどないということになります。

 

また、インフルエンザの予防接種は、先に少量のウィルスを体内に取り込み、
それによって体内に免疫を作ることが目的です。

体調不良や、食生活の不摂生によって免疫力が落ちている人は、
予防接種によって体調不良になってしまったり、
肝心な免疫を作れない場合もあります。


予防接種にをしたとしても、
インフルエンザを100%防げるものではありません。

普段から、インフルエンザの予防を心がけるようにしておきましょう。

 

楽天市場での「インフルエンザ 対策」検索結果はこちら

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ