温帯低気圧 台風 熱帯低気圧の違いは?


 

038799温帯低気圧、台風、熱帯低気圧の違いって
何なんでしょうか?

「台風から温帯低気圧に変わりました」
「台風から熱帯低気圧に変わりました」
とかよくニュースで言っていますけど、
正直どういう意味かよく分かりませんよね?

温帯低気圧、台風、熱帯低気圧の違いは?

台風が温帯低気圧に変わるってどういう事?

台風が熱帯低気圧に変わるってどういう事?

今回は、
温帯低気圧、台風、熱帯低気圧の違いについて調べてみました。


Sponsored Link



温帯低気圧、台風、熱帯低気圧の違いは?

どれも結局は低気圧のことを表しているのですが、
それぞれどんな低気圧かで分けられています。

 

台風とは?

台風とは、北太平洋の南西部に発生する熱帯低気圧のうち、
最大風速が毎秒17.2メートル以上に発達したものをいいます。

台風は直径数百から千キロメートルほどの渦巻きで、
風は中心に向かって反時計回りに吹き込んでいます。

風速は中心から数十キロメートル離れたところが最大で、
中心ではそうでもないことが多いです。

また、進行方向に対して右側の方が強いのも特徴ですね。

 

基本的には、
熱帯低気圧が大きくなったものって認識で良いでしょう。

 

熱帯低気圧とは?

熱帯低気圧とは、
南の亜熱帯や熱帯で海から大量の水蒸気が上昇することにより、
空気が渦を巻いて出来る低気圧のことです。

熱帯低気圧は、
海面からエネルギーを補給されながら発達します。

先ほど熱帯低気圧の説明でもお話した通り、
この熱帯低気圧が発達して風速が毎秒17.2メートルを超えると、
台風と呼び名が変わります。

 

温帯低気圧とは?

日本付近では、
基本的に北へ行けば行くほど気温が低くなります。

南北に気温差があるので、大気の状態は不安定になり、
温度差を解消しようとして渦が発生し発達します。

これを温帯低気圧と呼んでいます。

温帯低気圧は、冷たい空気と暖かい空気がぶつかり合うため、
結果として必ず寒冷前線と温暖前線がともなうことが特徴です。



 

まとめ

・南の暑い海域で出来る低気圧が熱帯低気圧
・熱帯低気圧の風速が強くなったものが台風
・寒冷前線と温暖前線をともなう低気圧が温帯低気圧


Sponsored Link



台風から温帯低気圧・熱帯低気圧に変わるってどういうこと?

「台風が温帯低気圧・熱帯低気圧に変わりました」
といったニュースをよく聞くことがあると思います。

これっていったいどういうことなんでしょう?

 

台風→温帯低気圧

台風から温帯低気圧に変わるというのは、
台風の性質(暖気のみ)から、
温帯低気圧の性質(寒気と暖気の前線をともなう)に
変化したということです。

つまり、台風に寒冷前線・温暖前線が出来ると、
「台風から温帯低気圧に変わった」となるわけですね。

ちなみに、温帯低気圧に風速は関係ありません。

風速が秒間17.2メートルを超えていたとしても、
前線さえあれば温帯低気圧と呼ばれます。

 

台風→熱帯低気圧

台風の風速が弱まり、秒間17.2メートル未満になると、
「台風から熱帯低気圧に変わった」と言われます。

この時、前線を作っていないことが条件ですね。
前線が出来ると温帯低気圧になりますから。

 

いかがでしたでしょうか。

台風と温帯低気圧・熱帯低気圧の違いについて、
なんとなくご理解頂ければ幸いです。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ