帯状疱疹ってうつるの?初期症状と治療まとめ


 

ƒi[ƒX‚»‚Ì‚P帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、過労やストレスなどで身体が弱り、免疫力が落ちたときに起こる病気です。

おじいちゃんおばあちゃんに多い病気ですが、
最近では10代や20代でも増加傾向にあります。

そんな帯状疱疹ですが、
案外どんな病気なのか
よく知らない方も多いのではないでしょうか?

帯状疱疹とは?

帯状疱疹ってうつるの?

帯状疱疹の初期症状と治療は?

今回は、そんな帯状疱疹について触れていきます。




Sponsored Link



帯状疱疹とは?どんな病気?

帯状疱疹は、
過労やストレスなどで身体が弱り、免疫力が落ちた時に起こりやすい病気です。

身体の左右どちらかの神経に沿って、
帯状に痛みや水ぶくれが生じることから帯状疱疹と 呼ばれています。

基本的には50歳以上の人に多い病気ですが、
最近は子供や若い人にも増えてきています。

治療が遅れた場合、帯状疱疹後神経痛という症状が残り、
辛い痛みが長引くことがあ るため、早期の治療が重要とされていますね。

 

実は帯状疱疹って、水ぼうそうにかかったことのある人であれば、
誰でも発症する可能性があるんです。

大体の人は、子供の頃に水ぼうそうにかかっていると思います。

もちろん水ぼうそう自体は治っていますが、
水ぼうそうを引き起こしたウイルスはずっと身体の神経の中に潜伏しているんです。

その潜伏しているウイルスが、
免疫力の低下によって再活性して起こる病気を帯状疱疹と呼んでいます。


Sponsored Link



帯状疱疹ってうつるの?

帯状疱疹は、
体内に潜伏していた水ぼうそうウイルスが再び暴れだしたことで起こる病気ですから、
帯状疱疹が他の人にうつることはありません。

しかし、帯状疱疹は水ぼうそうのウイルスが原因なので、
これまでに水ぼうそうにかかったことのない人は、水ぼうそうに感染することはあります。

水ぼうそうにかかったことがあれば特に問題ありませんが、
まだかかったことのない小さなお子さんなどは接触を控えたほうがよさそうです。

また、妊婦さんの水ぼうそうは重症化する傾向にあるため、
水ぼうそうにかかったことのない妊婦さんは、特に接触しないよう注意してください。

 

帯状疱疹の初期症状と治療は?

帯状疱疹の初期症状としては、
ある日突然、皮膚がチクチクするような痛みを感じることが多いです。


次第に衣服がさわるだけでもピリピリと痛むようになり、痛い部分に赤い発疹が現れ、
さらに小さな水ぶくれとなって、帯のようにつながった状態になっていきます。

発症部位は、特に胸から背中、腹部などに多いですが、
腰や顔、手や足、指などに現われることもあ ります。

人によっては、チクチクする痛みを感じる数日前から身体のだるさを感じたり、
頭痛や神経痛を起こすなどの予兆がある こともあります。

基本的には、身体の左右どちらか片側のみに症状が現れるのが最大の特徴です。

 

帯状疱疹の治療については、
ウイルスが増殖しないようにするための抗ウイルス薬と塗り薬、鎮痛剤が中心となります。

現れた水泡は大体2~3週間ほどでかさぶたになり、次第に痛みも治まってきます。

ところが、人によっては皮膚症状が改善した後も痛みが続く、
『帯状疱疹後神経痛』が残ることもあります。

この症状は特に高齢者に多くみられ、
耐え難い痛みのために仕事や家事ができなくなることまであります。

長引くほど症状が重症化する傾向にあるため、
出来るだけ早く病院で治療を受け、完治することが非常に大切と言えるでしょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ