江戸川花火大会2014!穴場スポットの地図は?混雑や場所取りも!





25-7

(画像引用URL: http://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/syasin.html )

 

別名「エキサイティング花火」と言われる
江戸川花火大会は、
ノリノリで楽しめる花火大会です。

毎年、趣向の凝らした演出の花火
多くの観客を魅了します。

 

そんな見どころ満載の花火を
2014年の日程やアクセス情報と合わせて
動画でチェックしましょう^^

場所取りにおすすめの穴場スポット
ご紹介しますよ~。


Sponsored Link



江戸川区花火大会2014の日程や打ち上げ場所は?

江戸川区花火大会は
都立篠崎公園先の江戸川河川敷
開催されています。

毎年、対岸の千葉県市川市で開催される
市川市民納涼花火大会と
一緒に開催されていますね!

 

日本一の観客動員数を誇り、
江戸川区側と市川市側
合わせて約140万人が訪れるほど。

開催日は毎年8月第1土曜日で、
今年も例年通り8月2日(土)の
19:15~20:30に開催されます!

 

趣の違う8つのテーマで構成された
約14,000発の花火
打ち上げられますよ~^^

 

有料席は江戸川区側には無く、
市川市側に設けられています。

 

■有料席(市川市民納涼花火大会)

 
  • 桟敷席(定員4名)18,000円
  • スロープ席(定員2名)10,000円
  • イス席(定員1名)6,000円
 

チケットは電話、チケットぴあ、
コンビニなどで購入できます。


Sponsored Link



江戸川花火大会の見どころは?

江戸川区花火大会の見どころは、
5秒間に1000発もの花火を打ち上げる
江戸川名物のオープニングです。

↓↓↓

江戸川花火大会のオープニングはこちら!!

 

 

35秒~が見どころですよ~!

 

迫力満点のオープニングですね!!

一般的な花火大会では
フィナーレに多くの花火を打ち上げますが
スタートから出し惜しみ無しですね^^

 

また、花火はそれぞれ趣の違った
8つのテーマに分かれているので
飽きることなく最後まで楽しめます。

 

25-4

(画像引用URL: http://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/syasin.html )

 

 

色とりどりの光の粒が
夜空を華やかにしてくれますね^^

 

 

地図付きおすすめ穴場スポット!場所取りのおすすめは?

では、そんな見どころ満載の
江戸川区花火大会の
穴場スポットを紹介します。

以前は前日から場所取り可能でしたが、
現在は禁止されています。

また、エリアによっては、
敷けるシートの大きさが制限されているので
注意が必要ですよ~!

 

 

■東小岩付近の総武線陸橋下

 



 

 

東小岩付近にある
総武線陸橋下の河川敷です。

打ち上げ場所からやや離れているため、
混雑が少なくゆっくり鑑賞できます。

目の前に視界を遮るものがないため、
花火が綺麗に見えますよ~^^

 

電車の通る音が気になるのが
残念なポイントですが、
花火が始まってしまえば気になりません。

川面に映る花火も綺麗に見えて
幻想的な雰囲気を味わえる
穴場スポットです。

 

花火開始時間ギリギリでも
場所取りが可能ですよ^^

 

 

■河川敷の土手

 



 

 

会場となる江戸川の河川敷は
とても長くて広いため、
どこからでも花火が綺麗に見えます。

前方の見やすい場所は
早い時間から場所取りされていますが、
後方の土手は意外と空いています。

 

打ち上げ場所の真正面を避けると、
当日の16~17時頃でも
場所取り可能ですよ~!

会場から離れた土手なら
花火開始のギリギリでも
座って鑑賞できます^^

 

ただ、草むらなので、
レジャーシートなどの敷物は
必ず持って行って下さいね!

 

 

■篠崎公園

 



 

 

打ち上げ場所の真正面にある
篠崎公園です。

打ち上げ場所に近いため
迫力満点の花火を
楽しむことができます。

音楽やアナウンスも聞こえるので
臨場感バッチリです^^

 

公園内はとても広いので、
そこまで混雑せず、
ゆったりと花火を鑑賞できます。

夕方17時頃でも
場所取り可能です。

 

 

混雑予想は?アクセスや最寄り駅のおすすめは?

江戸川区花火大会は、
日本一の観客動員数を誇る
人気の花火大会です。

毎年、江戸川区側は
約90万人の人出で賑わっており、
今年も約90万人の人出が予想されます。

 

とはいえ、河川敷は障害物が少なく
観賞スペースが広いため
場所取りはそれほど大変ではありません。

ただ、アクセスが悪いため
駅の混雑は尋常ではありません。

 

 

■最寄り駅(江戸川側)

 
  • 都営新宿線の篠崎駅より徒歩15分。
  • JR総武線の小岩駅より徒歩25分。
  • 京成線の京成江戸川駅より徒歩25分。
  • 都営新宿線の瑞江駅より徒歩45分。
 

篠崎駅と小岩駅は大変な混雑になるので、
比較的混雑の少なめな
京成江戸川駅の利用をおすすめします。

また、かなり歩きますが、
都営新宿線の瑞江駅
利用もおすすめですよ!

 

 

江戸川花火大会2014まとめ

では最後に、江戸川花火大会について
簡単にまとめてみますね^^

 

■開催日程
・2014年8月2日(土)
・19:15~20:30

■開催場所
・都立篠崎公園先の江戸川河川敷

■打ち上げ数
・約14,000発

■予想来場者数
・約90万人(江戸川区側)

■有料席(市川市側)
・桟敷席(定員4名)18,000円
・スロープ席(定員2名)10,000円
・イス席(定員1名)6,000円

■見どころ
・江戸川名物のオープニング

■穴場スポット
・東小岩付近の総武線陸橋下
・河川敷の土手
・篠崎公園

■最寄り駅
・都営新宿線の篠崎駅より徒歩15分。
・JR総武線の小岩駅より徒歩25分。
・京成線の京成江戸川駅より徒歩25分。
・都営新宿線の瑞江駅より徒歩45分。

 

 

いかがでしたか?

 

手の込んだ演出で人気の
江戸川区花火大会は
老若男女問わず大人気です^^

豪華絢爛!江戸川乱舞!と銘打った
オープニングの1000発同時打ちを
ぜひ体感してみて下さいね!

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ