エルニーニョ現象で冷夏になるのはなぜ?気温変化のメカニズムとは?





a1380_001398

 

今年は6月なのに、
真夏のような日々が続きましたね!

何と北海道では6月3日に、
観測史上はじめてとなる
37.8度を記録したほどです。

 

あれ?もしかして今年の夏は猛暑なの?
このまま夏本番を迎えるのでは・・・
と思ったあなた。

実は、今年は「冷夏」だと言われています。

 

気象庁がその理由について発表しましたが、
なんと5年ぶりにエルニーニョ現象
発生するとの事でした!

南米ペルー沖で発生するエルニーニョ現象が
日本に冷夏をもたらすのです。

 

一体なぜ遠く離れたペルー沖で起きる現象が
日本に影響を与えるのでしょうか?

そもそもエルニーニョ現象って何なのでしょうか?

気温が変化するメカニズムと共に
ご説明していきましょう。


Sponsored Link



エルニーニョ現象とは?

では、早速エルニーニョ現象について
お話ししていきますね!

 

まずは、エルニーニョ現象について
分かりやすく解説されている、
こちらの動画をご覧ください。

↓↓↓

1分で分かるエルニーニョ現象!
(youtube動画が開きます)

 

 

動画を見て頂ければ、
エルニーニョ現象とはどんな現象なのか
イメージが付いたかと思います。

 

簡単にまとめ直してみますと、
以下のような現象のことを言います。

 

①発生場所

太平洋東部の赤道付近。
詳しくは、ペルーとエクアドルの沖合
~太平洋の中心部までの区域。
その距離は数千キロに及ぶ。

②現象

海面の水温が局所的に
異常上昇する現象

③発生率

4~5年に1度

④期間

数か月~最長1年

⑤影響

世界各地の気候も変化する

 

 

ここで、一つ疑問が湧きませんか?
なぜ、海面の水温が異常上昇するのに
日本への影響は冷夏なのか・・・

早速、次の項目で詳しく
お話ししますね!


Sponsored Link



なぜエルニーニョ現象で冷夏になるの?

気象庁の予想によると、
北日本は平年よりも気温が低くなり
西日本は気温が高くなるそうです。

そのメカニズムについてご説明します!

 

以下の画像と合わせてご覧ください。

 

2014-06-08_232528

【画像元URL: http://www.asahi.com/articles/ASG2T5DRPG2TUTIL02T.html 】

 

 
  1. ペルー沖でエルニーニョ現象が発生
  2. それに伴い、西太平洋とインド洋付近では
    水温が低下して、雲の動きが鈍くなる
  3. 気流や雲の発生が弱まることから
    チベット高気圧が南にそれる
  4. 偏西風も南寄りになって、大気循環が変化
  5. 太平洋高気圧が南に下げられる
  6. それによって、赤道付近への
    太平洋高気圧の張り出しは
    平年より弱くなる
  7. 梅雨が長引き、低温を引き起こす
 

まとめると、以下の2つが要因です。

 
  • 太平洋高気圧の張り出しが弱くなる
  • 梅雨が長引き、全体的な気温が下がる
 

 

ちょっと分かりにくいと思うので、
イメージしてみましょう。

 

太平洋高気圧というのは、
梅雨の天敵のような存在です。

強ければ強いほど、
梅雨をあっさり終わらせてくれるのですが、
エルニーニョ現象が起こると
力が十分に出し切れなくなってしまいます。

すると、梅雨がなかなか倒せませんよね?

 

具体的には、日本の北側に対する
影響力が弱くなってしまうので、
北側の梅雨がなかなか終わらなくなります。

結果として梅雨が長引いて、
特に雨が続いた北日本が冷やされて
冷夏になるわけです。

 

 

大体のイメージがつかめましたか?

さぁ、気温変化のメカニズムが
分かったところで、次はもし日本が
冷夏になったら・・・を想定して
考えてみましょう!

 

 

冷夏になったらどうなる?注意点は?

まず、日本が冷夏になったら
景気が悪くなります。

農作物の不作・漁獲量の低下
夏のビールの消費量の低下を招くでしょう。

 

a0027_001432

 

 

5年前にエルニーニョ現象が起きた際にも
上記の出来事が実際に起きています。

 

 

では、日本ではなく
私達の体にはどんな影響が
起こるのでしょうか?

 

毎年、夏の日本列島を襲う猛暑。

暑さにともなって、
熱中症で搬送される人の数も
どんどん増えていきます。

でも冷夏だから、熱中症に
なりにくいと思ったら大間違いです!

 

冷夏によって、
気温の低い日が続いた後が要注意!

その後の急激な気温の変化について行けずに
熱中症になる人や、体調を崩す人の数が
急増する可能性があるのです。

 

a1180_012547

 

 

冷夏と言っても、暑い日はあります。

決して油断せずに、
常に十分な熱中症対策
して夏を乗り切りましょう!

 

 

まとめ

今年、5年ぶりにエルニーニョ現象が
起きるかもしれません。

梅雨が長引ければ、土砂災害や河川の氾濫
農作物の不作などの良くないことも
起きる可能性があります。

 

夏を迎えるにあたって、
エルニーニョ現象と冷夏の関係性を
十分に理解するようにしておきましょう。

 

冷夏でもあなどれない熱中症については、
こちらの記事を要チェック!!

↓↓↓

子供の熱中症を見抜くサインまとめ!症状と3つの対処法を大公開!

熱中症対策の飲み物まとめ!水・牛乳・お茶はどれが最も効果的?

熱中症の症状まとめ!吐き気・頭痛・寒気の効果的な対処法とは?

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ