便秘解消!痙攣性便秘の症状と原因は?





a0001_009325痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)は
現代社会を生きていく上で
避けようがない便秘です。

 

一般的に便秘は女性に多いのですが、
この痙攣性便秘は男性に多く見られます。

 

そこで今回は痙攣性便秘について、
症状原因をまとめてみたいと思います。

 

痙攣性便秘の解消法についても
詳しく調べてみました。


Sponsored Link



痙攣性便秘の原因と症状は?

痙攣性便秘は腸が痙攣を起こしてしまい、
正常な機能が果たせないために起こる便秘です。

 

便を送り出すための蠕動運動(ぜんどううんどう)が
活発になりすぎてしまい、
腸が痙攣してしまうのです。

 

蠕動運動が活発な状態では、
本来吸収されるはずの水分まで
一緒に出てしまいます。

 

そして、活発になりすぎて痙攣してしまうと、
今度は便が上手く運ばれなくなってしまいます

 

 

そういったことから考えられる
痙攣性便秘の症状をまとめてみます。

 

  • 下痢と便秘を交互に繰り返す
  • うさぎのふんのようなコロコロした便が出る
  • 残便感がある
  • 下腹部痛がある
  • お腹が張る

 

このような症状が
痙攣性便秘の主な症状であると言えます。

 

 

次に痙攣性便秘の原因について
まとめてみます。

 

痙攣性便秘の最大の原因は
ストレスによる自律神経の乱れです。

 

また、睡眠不足不規則な生活による
自律神経の乱れも影響します。

 

 

自律神経は各器官に指令を出して
働かせる役割を担っています。

 

そのため、自律神経が乱れると、
腸の働きも乱れてしまうのです。

a0003_001817

 

 

痙攣性便秘の解消法は?

痙攣性便秘の原因と症状を理解したところで、
次は痙攣性便秘の解消法についてです。

 

 

痙攣性便秘の解消には、

 

・ストレスをためない
・不規則な生活を改める
・刺激物を摂らない
・水溶性食物繊維を摂取する
・腸内洗浄や下剤を使用しない

 

この5つが大切なポイントになります。

では、1つずつ詳しく見ていきましょう。


Sponsored Link




■ストレスをためない

痙攣性便秘の最大の原因は、
ストレスによる自律神経の乱れです。

そのため「ストレスをためない」ことが
とても大切です。

 

日常生活を送る上でストレスを感じないというのは
とても難しいことだと思います。

ですが、自分なりのストレス解消法を見つけ、
ストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

適度な運動をする、気分転換に散歩する、
ゆっくりと湯船につかる趣味の時間を作るなど、
自分に合ったリラックス方法で発散しましょう。

a1180_010880

 

 

■不規則な生活を改める

睡眠不足不規則な生活は、
痙攣性便秘の最大の原因である自律神経の乱れに
大きな影響を与えてしまいます。

また、不規則な生活で内蔵の働きも弱まり、
腸内環境も乱れてしまいます。

 

そのため、不規則な生活を改め、
規則正しい生活を送ることが大切です。

睡眠時間も十分に取りましょう。

 

 

■刺激物を摂らない

痙攣性便秘は腸が痙攣している状態です。

そのため、腸にとって刺激となる食べ物を
なるべく摂らないようにしましょう。

 

便秘に効果的であると言われている食物繊維
腸を刺激してしまうため、
痙攣性便秘の状態では摂取を控えた方が良いです。

また、アルコールカフェインも控えましょう。

 

 

■水溶性食物繊維を摂取する

食物繊維は腸を刺激してしまうため、
痙攣性便秘では摂取を控えた方が良いとされています。

ですが、水溶性食物繊維は摂取可能です。

 

水溶性食物繊維は、
腸に負担がかかりません

昆布わかめなどの海藻類を
摂取するように心がけましょう。

a0002_001137

 

 

■腸内洗浄や下剤を使用しない

便秘解消に即効性のある腸内洗浄や
下剤の使用も控えて下さい

刺激が強くて腸への負担が大きくなってしまいます。

 

痙攣性便秘はすでにストレスによる刺激で
腸が悪影響を受けているので、
これ以上刺激を与えるのはやめましょう

 

 

痙攣性便秘のまとめ

では、最後に痙攣性便秘について
簡単にまとめてみます。

 

 

■痙攣性便秘の症状

・下痢と便秘を交互に繰り返す
・うさぎのふんのようなコロコロした便が出る
・残便感がある
・下腹部痛がある
・お腹が張る

 

■痙攣性便秘の原因

・ストレスや睡眠不足、不規則な生活
・自律神経の乱れが原因

 

■痙攣性便秘の解消法

・ストレスをためない
・不規則な生活を改める
・刺激物を摂らない
・水溶性食物繊維を摂取する
・腸内洗浄や下剤を使用しない

 

 

痙攣性便秘について理解出来たでしょうか?

痙攣性便秘もまた、
一般的な便秘とは根本的に違うため
解消法も違います。

 

ストレスが大きく関わってくる痙攣性便秘は、
ストレス社会と呼ばれる現代社会で生きていくためには
避けようがありません。

 

また、下痢と便秘を繰り返すのが主な症状のため、
判断がとても難しいです。

 

少しでも心当たりがある場合は、
痙攣性便秘を疑ってみて下さい。

 

 

現代社会で生きていくために
避けようのない痙攣性便秘の解消には、
腸内環境を整えることも大切です。

 

ストレスをためないことはなかなか難しいですが、
腸内環境は手軽に簡単に整えられます。

 

活き活きオリゴ糖(1kg)[ダイエット食品]【RCP】

活き活きオリゴ糖(1kg)[ダイエット食品]【RCP】
価格:548円(税込、送料別)


 

 

腸内環境を整えるには、
やっぱりオリゴ糖ですね。

すべての便秘に効果的です。

 

 

※関連記事

便秘解消に即効性のある方法は?マッサージやツボは効果的?

便秘解消法!絶対排便力とは?効果とやり方は?副作用は?

便秘の原因チェック法!水分不足にも要注意!

直腸性便秘!症状と解消法は?骨盤底筋が鍵?

弛緩性便秘!原因と症状は?効果的な解消法は?

妊婦の便秘解消法!効果的な方法は?食べ物は何がいい?

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ