幼児のインフルエンザの症状は?潜伏期間はどのくらい?





018727毎年冬に猛威を振るう、
インフルエンザ

 

大人や子供だけでなく、
幼児にもたくさんの感染者が
出ます。

 

 

幼児のインフルエンザの症状は?
潜伏期間はどのくらい?予防法は?

など、色々と気になりますよね。

 

そこで今回は、幼児のインフルエンザ
症状について、詳しく調べてみました。

 

ウイルスの潜伏期間や予防法についても、
合わせて書いていきたいと思います。

 

 

幼児の場合は、抵抗力が弱くて感染しやすい上に、
症状でインフルエンザと判断するのも難しいのです。

 

少しでも気になる症状があったら、要チェックですよ!


Sponsored Link



幼児のインフルエンザの症状は?

インフルエンザウイルスに感染すると、
突然38度~40度の高熱が出て、悪寒や寒気、
全身の倦怠感や強い関節痛などの全身症状が現れます。

 

その後、喉の痛みや咳、鼻づまりといった
呼吸器系の症状が現れ、
10日間前後で症状がなくなります。

 

子供の場合、全身の倦怠感や強い関節痛などの症状は
はっきりしないことが多いそうで、
高熱と寒気が主な症状です。

 

 

では、幼児の場合はどうでしょうか?

 

まず幼児の場合、特に新生児の頃は、
すぐにインフルエンザと判断するのは難しいようです。

 

 
  • 急に高熱(38℃~40℃)が出る。
  • 下痢をする。
  • 母乳ミルクの飲みが悪い、または吐いてしまう。
  • 機嫌が悪く、ぐったりしている。
  • 呼吸が苦しそう。
 

このような症状が出た場合には、
インフルエンザを疑った方がよいと言えるでしょう。

 

急な高熱が出る病気に、突発性発疹(とっぱつせいほっしん)もありますが、
こちらは発熱後にポツポツと発疹が出るので、
インフルエンザと判別出来ると思います。

 

 

一般的には高熱から始まるインフルエンザですが、
幼児の場合は、下痢や嘔吐などの症状が現れてから
高熱が出るケースもあります。

 

そして、頭痛関節痛筋肉痛倦怠感などの
全身症状が現れるため、機嫌が悪くなってグズグズしたり、
ぐったりしてしまうことが多いようです。

 

 

また、幼児は抵抗力が弱いので、
肺炎気管支炎などの合併症の危険があります。

呼吸にも注意が必要です。


Sponsored Link



潜伏期間はどのくらい?いつまでうつるの?

インフルエンザウイルスが体内に侵入してから、
高熱、悪寒などの症状が出るまでの期間を
『潜伏期間(せんぷくきかん)』と言います。

 

この潜伏期間の間に、
体内のインフルエンザウイルスが
増殖し、発病するのです。

8261e0cd40ba537c49870029c9e79011_s

 

 

一般的に、インフルエンザの潜伏期間は、
1日~3日程度と言われています。

 

この1日~3日程度という潜伏期間は、
他のウイルスの感染症と比べると、
非常に短いと言えます。

 

ですが、幼児や子供の場合は、
更に潜伏期間が短く、
1日で発病することも多いのです。

 

 

そんな潜伏期間も含めて、
インフルエンザの感染期間は、
1週間から10日程度とされています。

 

潜伏期間が1日~3日、
高熱などの症状が出る発症期間が3日~5日、
回復期間が2~3日という振り分けですね。

 

つまり、1週間~10日間
体内にインフルエンザウイルスが存在しているので、
他人にうつす可能性があるということです。

 

 

インフルエンザは、
くしゃみや咳などで空気中に出たウイルスが、
他の人に吸い込まれて感染する『空気感染』です。

 

そのため、インフルエンザに感染したら、
1週間~10日間はマスクをするなどして、
他の人にうつさないようにしましょう。

 

幼稚園、保育園も登園は出来ません

 

 

感染を拡大させないためにも
熱が下がったからといってすぐに外に出たりせず、
数日間は自宅でゆっくり静養してください。

 

 

幼児のインフルエンザで注意することは?

インフルエンザで、
本当に怖いのは合併症です。

 

症状としては風邪と同じような症状ですが、
ウイルスの増殖するスピードがあまりにも早いため、
身体に与える影響がとても大きいのです。

21ec7377af77eecd621d86062408492b_s

 

 

ウイルスの増殖に伴い、免疫力が低下した状態となり、
肺炎気管支炎などの合併症を引き起こします。

 

さらに、急に高熱が出ることによって、
『熱性けいれん』を引き起こす可能性もあります。

 

 

大人は、高熱の際に悪寒震えといった症状が出ますが、
赤ちゃんや幼児の場合は、『けいれん』という
大きな反応で現れます。

 

インフルエンザになった乳幼児の約5%が、
熱性けいれんを合併するとも言われています。

 

 

熱性けいれんは、生後6ヶ月~5歳まで
起こりやすいと言われています。

 

誰もが引き起こす症状ではありませんが、
1度引き起こすと、再び症状が出る確率が高くなります。

 

そして、その見極めが難しく、予防も出来ないので、
熱性けいれんが起こった時の対処法が最も大切です。

 

 
  • 急に身体がビクンビクンと震える
  • 急に顔色が悪くなる
  • 身体の力が抜けて脱力状態になる。
  • 白目をむいたり、意識が朦朧としている。
 

などの症状が高熱とともに現れたら、
熱性けいれんの可能性があります。

 

症状は数十秒で終わることもあれば、
数分間続くこともあります。

 

 

突然のことで驚いて、パニックになってしまうと思いますが、
冷静な対処が必要です。

 

まずは、吐いたものが詰まらないように、
顔を横向きにします

 

そして、けいれんの様子を見ながら、
時計で時間を計ります

これをやっておくと、診断がスムーズに進みます。

 

けいれんがおさまったら、
全身の状態をチェックして下さい。

 

 

熱性けいれんは、たいていは一過性のもので、
自然に治まり、後遺症の心配もありません。

 

ですが、本当に熱性けいれんか確かめる必要があるので、
必ず医療機関を受診して下さい。

 

 

 
  • けいれんが10分以上続く。
  • 繰り返し起きる。
  • けいれんが治まっても意識がない
 

といった場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

インフルエンザ脳症が疑われます。

 

 

このインフルエンザ脳症は、
インフルエンザの合併症で、最も注意したい病気です。

 

1歳~5歳に多く発症し、1日~3日で死亡することもあり、
生存しても重度の後遺症を残すと言われています。

 

数年前までは、年間100人ほどが死亡していた
と言われています。

 

しかし、現在は早期発見と迅速な治療により
80%以上の子供が治ると言われています。

 

 
  • 意味不明なことを話す
  • 意味不明な行動をする。
  • 長く続く、または繰り返し起こるけいれん
  • 受け答えが出来ないなどの意識障害
  • 目つきがおかしい
 

などの症状が高熱とともに現れたら、
インフルエンザ脳症の可能性があります。

 

すぐに救急車を呼び、
一刻も早く医療機関を受診して下さい。

 

迅速に治療を開始することが重要です。

000769

 

 

インフルエンザの予防法は?

では最後に、インフルエンザの予防法について、
見ていくことにしましょう。

 

■手洗い、うがいをしっかりする

インフルエンザが流行している時期は、
外出するたびにウイルスが付着するので、
帰宅したらしっかり手洗いうがいをしましょう。

 

■規則正しい生活を送る

免疫力が低下すると感染しやすくなるので、
食事睡眠をきちんととって、体調を整えましょう。

 

■乾燥を防ぐ

ウイルスは低温・低湿を好むので、
活動を抑えるために、
室温は20度前後湿度60%前後を保ちましょう。

 

■人混みは避ける

人の集まるところには、その分ウイルスも集まりますので、
赤ちゃんや小さな子供を連れての外出は控えましょう

 

■予防接種を受ける

インフルエンザのワクチンを接種すると、
感染しても症状が軽く済むと言われています。

 

生後6ヶ月、病院によっては1歳から接種出来るので、
流行前に受けておいたほうが良いと思います。

 

 

047827

基本的には、ウイルスに感染する機会を減らすこと、
ウイルスに負けないように、
環境や体調を整えることが大切です。

 

幼児は、家族から感染することも多いため、
家族揃っての予防を心がけましょう。

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ