偏頭痛の治し方にコーヒーが効果的?正しい飲み方は?





a0001_012112偏頭痛に対する確実な治療法は、
まだ確立していないそうです。

 

症状を緩和したり予防するために、
鎮痛剤などの薬を飲むことが、
主な対処法と言われています。

 

そんな偏頭痛ですが、
意外な治し方があることを知っていますか?

実は、コーヒーを飲むことです。

 

偏頭痛の治し方にコーヒーが効果的だ、
と言われているそうです。

 

そこで、偏頭痛コーヒーの関わりについて
詳しく調べてみました。


Sponsored Link



なぜ偏頭痛にコーヒーが効果的なの?

カフェインは偏頭痛の原因になるため、
コーヒーは控えた方が良い。』
という話を聞いたことがあります。

 

ですが、適量であれば、
コーヒーは偏頭痛の有効な治療法になる
と言われているそうです。

 

では、なぜ偏頭痛に
コーヒーが効果的なのでしょうか?

a0002_007205

 

 

まず、偏頭痛の原因の中で一般的とされているのが、
『血管の収縮拡張によって痛みが起きる。』
という血管説です。

 

そして、もう1つ。

『脳血管を拡張する痛み物質が出ることによって
頭痛が引き起こされる。』
という三叉神経説です。

 

 

つまり、偏頭痛の原因は
血管の拡張だと言われています。

 

そんな血管の拡張を抑えるのが、
コーヒーなのです。

 

 

コーヒーに含まれるカフェインには、
血管を収縮させる作用があり、
拡張している血管を元の状態に戻すことが出来るのです。

 

そのため、カフェインを摂取することによって、
痛みが軽減されるということのようです。


Sponsored Link



正しい飲み方は?どのくらい飲めば良いの?

まず、1日に摂取する適量のカフェインは
約500mg以内と言われています。

 

コーヒー1杯に含まれるカフェインの量は、
レギュラーコーヒーで40~180mg
インスタントだと30~120mgです。

 

そのため、1日1~2杯程度
良いとされています。

 

 

そして、何より大切なのがタイミングです。

 

普段から飲むというよりは、
痛みが出た後や、
痛みが出る直前に飲むのが最も好ましいです。

 

痛くなりそうだという予感や前兆があったら
早めに飲んでおくことが大切ですね。

 

 

間違った飲み方をしたり、コーヒーを飲み過ぎると?

偏頭痛を治すのに効果的だと
されているコーヒーですが、
間違った飲み方をしてしまうと逆効果です。

 

1日500mg以上の大量のカフェインを摂取していると、
一種のカフェイン中毒のような症状になってしまいます。

 

つまり、カフェインが切れた時に
偏頭痛が起こるようになってしまうのです。

 

 

カフェインには血管の収縮作用があるのですが、
その後は血管が拡張します。

 

そのため、過剰に摂取すると、
その分跳ね返りが大きいのです。

 

適量であれば偏頭痛に効果的ですが、
過剰摂取は逆に偏頭痛を招いてしまう
ということです。

a0002_004055

 

 

普段からできる偏頭痛の予防法は?

普段から出来る偏頭痛の予防法
いくつかあります。

 

まずは、ストレスをためないこと、
生活習慣を改善することです。

 

ストレスをためずに生活のリズムを保つことが
大切な片頭痛の予防法です。

 

 

そして、それ以上に大切なのが食生活です。

 

偏頭痛を引き起こしやすい食品を控え、
予防に効果的な食品を摂取することです。

 

現在、偏頭痛の予防に効果的とされているのは
ビタミンB2マグネシウムです。

 

 

ビタミンB2はレバーアーモンドうなぎ
玄米などに多く含まれています。

 

マグネシウムはひじき黒豆などに
多く含まれています。

 

毎日の食事に積極的に加えてみるのも
良いと思います。

 

 

どうしても食生活の改善が難しい方には、
サプリメントでの摂取がオススメです。

 

手軽に効果的に摂取するには
サプリメントが一番だと思います。

 
 

 

偏頭痛対策として、手軽で効果的な
コーヒーサプリメント
取り入れてみてはいかがでしょうか?

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ