口内炎の原因と治し方は?即効性のある方法とは?





a1640_000315口内炎というのは、
地味ですが
かなり不快ですよね。

 

原因はいくつかありますが、
治し方がわかっていれば
安心です。

 

実は口内炎にも、
即効性のある治し方があります。

 

病院で焼いてしまうというのが
一番手っ取り早いのですが、
そんなことをしなくても、
自宅でできる口内炎の治し方があるんです。

 

 

まずは口内炎の原因を知り、
予防を含めた治し方を知っておきたいですね。

 

また、自宅でできる、
即効性のある口内炎の治し方もご紹介しましょう。


Sponsored Link



口内炎の原因とは?

口内炎の原因は、
ウイルスによるものが多いようです。

 

普段からウイルスは沢山ありますが、
疲れなどによって、免疫が低下することで
口内炎になるようです。

 

また、睡眠不足栄養不足など、
不規則な生活も口内炎になりやすく、
ストレスなどの心の疲れも、
口内炎の原因ではないかと言われています。

stress-111425_640

 

 

免疫低下やウイルスの繁殖経路については、
はっきりとした原因はわかっていませんが、
疲れ体調不良時に出やすくなります。

 

また、疲れから胃腸の不調が起こり、
その影響で口内炎になることもあります。

 

そういった内臓の疲れから出るものは、
歯ぐきにできやすくなります。

 

かみ合わせの不具合で、頬の内側をかんでしまい、
かんだ場所が炎症を起こすこともあります。

 

 

その他、体調に関わらずウイルスによってできる口内炎や、
アレルギーなどの症状の一つとして出る場合もあります。

 

しかし、ほとんどが疲れなどによる
免疫力の低下によって、起こりやすくなるようです。


Sponsored Link



一般的な口内炎の治し方は効果があるの?

一般的な口内炎の治し方は、
効果的ではありますが時間がかかります

 

口内炎を治すとき、多くの人が治療をせずに、
時間の経過で改善させることが多いようです。

 

 

市販薬として効果があるとされているものの多くは、
ビタミンB2B6などが含まれる、ビタミン剤です。

science-26622_640

 

 

ビタミンB類は、疲れによって消費されます

 

口内炎の原因の一つに、疲れによる
ビタミンB類の不足などがあるため、
ビタミン剤でそれを補うという治療法ですね。

 

 

これは、内側から栄養をいれて、
代謝をしながら治す方法なので、
時間がかかります。

 

確かに根本的な治し方ではありますが、
時間がかかるのが難点です。

 

 

即効性のある治し方とは?

即効性のある口内炎の治し方といえば、
病院で焼いてもらう方法です。

 

すでにできてしまった口内炎を、
焼きつぶして処置をします。

 

 

でも、口内炎の症状で病院に行くのも、
少し手間ですよね。

 

自宅で治せて、しかも即効性のある
治し方があれば、一番だと思います。

 

 

即効性のある口内炎の治し方は、

 
  • を塗り込む
  • 梅干しを貼り付ける
 

という方法があります。

salt-91539_640

 

効果はなかなかのものなのですが、
どちらも少し痛いです。

 

 

民間療法ではありますが、
塩を塗る場合は粗塩がいいようです。

 

梅干しは唾液も出ることから、
口内環境にも良いそうです。

 

梅干しを貼り付けるのは、
クエン酸の効果を期待するものです。

 

 

クエン酸を直接塗るという方法が、
ないわけでもありません。

 

ただし、クエン酸を直接使う場合は、
塗る量に注意が必要です。

 

 

口内炎にクエン酸を塗るのは、
病院で焼くのと近い方法になります。

 

クエン酸は食用を使えば、
飲み込んでしまっても全く問題ありませんし、
病院と違って、レーザーなどの恐怖感はありません。

 

 

とはいえ、かなり強い酸を
直接塗ることになりますので、相当痛いです。

 

しかも、量を間違えると、
口内炎以外のところまで焼けてしまい、
口内炎より痛みを伴う場合があります。

 

即効性はありますが、
痛みは避けられません。

 

塩や梅干しなどの自然食材を使いながら、
口内炎を治していきましょう。

 

 

また、ひとまずの痛みを避けるのであれば、
貼り薬が非常に有効です。

 

私は、「口内炎パッチ大正A」
使ったことがありますが、貼っている間、
パッチがクッションになって、
痛みはほとんどありませんでした。

 

とりあえず痛みだけでも抑えたい方には、
非常におすすめです。

 

 

効果的な予防法は?

口内炎にならないための効果的な予防法としては、
クエン酸を飲むことをお勧めします。

 

といっても、クエン酸を直接飲むのではなく、
少量のクエン酸を水や炭酸水に溶いて、
クエン酸ドリンクとして飲みます。

 

クエン酸には疲労回復体質改善などの効果もあり、
口内炎予防を含め、健康のためにはかなりお勧めです。

 
 

 

また、口内炎の原因として、
ビタミンB2、B6不足があります。

 

ビタミンB類を多く含む食品には、
豚肉マグロなどがあります。

 

動物性食品をとりながら、
ビタミンB類も補給しましょう。

 

 

口内炎は、なってしまうとかなり痛いし、
気になりますが、普段から予防することを
考える人は少ないのではないかと思います。

 

クエン酸ドリンクであれば、
健康意識をもって普段から取り組めます。

 

 

 

即効性のある治し方があっても、
口内炎は痛いものです。

普段からの予防を習慣にしましょう。

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ