発達障害とは?子供の症状と原因は?特徴や治療は?





a0001_017116発達障害とは、自閉症などを含む
脳機能の障害です。

 

多くは子供の頃から症状が出始め、
診断を受けることになります。

 

 

発達障害の原因は、
はっきりとわかっていませんが、
その特徴治療法など、
かなりの情報が共有される時代になりました。

 

発達障害と診断される子供の、
原因特徴、その症状治療法など、
詳しくご紹介していきたいと思います。


Sponsored Link



子供の発達障害とは?

発達障害は、脳機能の発達が関係する
生まれつきの障害です。

 

子供の発達障害は、幼稚園や小学校など、
集団生活によって気づくことが多いようです。

 

 

小さい頃は、成長度合いも個人差が大きく、
はっきりとした差がわかりづらい時期です。

 

ですが、家族の中で過ごしているうちは
気が付かなかったことでも、
集団の中に入ることで、顕著に症状が見えてきます。

a1130_000078

 

 

発達障害には、大人も子供も関係なく、
大きく3つに分類されます。

 

コミュニケーション能力に乏しく、
社会性・協調性に係わる発達障害の総称である、広汎性発達障害

 

最近、よく耳にする「ADHD」は、注意欠陥・多動性障害といわれ、
多動や不注意といった様子が目立つ脳機能の障害です。

 

また、知能的には問題がないのに、学習したことを定着できない、
まとめることが難しいと感じる学習障害があります。


Sponsored Link



子供の発達障害の特徴は?

子供の発達障害の特徴は、
やはりコミュニケーションがとりにくいという点です。

a0002_008185

 

 

言葉の発達の遅れなどが見られる自閉症は、
早期発見されやすく、一人で遊ぶことが多かったり、
こだわりが強く、同じ服やおもちゃばかりを使う傾向があります。

 

 

同じ広汎性発達障害でも、アスペルガー症候群の場合は、
幼児期の言葉の発達に遅れが見られません。

 

そのため、成長とともに、コミュニケーションの不器用さ
はっきりと目立ってくるようになります。

 

 

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の特徴は、集中できない、
じっとしていられないなど、とにかく多動的なことです。

 

衝動的な行動が多く、
あいまいな注意を受けても理解できません。

 

 

学習障害の大きな特徴は、
学んだことが定着しないことです。

 

知的発達に問題はないと言われているのに
字の書き順がどうしても覚えられなかったりします。

 

些細なことも多いため、ちょっと気づきにくいことも
多いのですが、学習障害は早目の気づきで、
様々な対応が可能です。

 

 

子供の発達障害の症状は?

子供の発達障害の場合、
自閉症のように、言葉の遅れなどの症状があれば、
早目の診断がしやすいものです。

 

しかし、幼児期には個性として理解することも多く
集団生活を始めてから、「症状」として
気づくことが多いかもしれません。

a0016_000241

 

 

例えば、一つの症状として、
「話は上手で難しいことを知っているが、一方的に話すことが多い」
というものがあります。

 

これは、とてもおしゃべり上手という
個性ではありますが、一方的な対応によって
コミュニケーション能力の障害と診断されます。

 

「話を聞かなければならない場面で離席が多い、聞いていない」
という症状の場合、発達障害の可能性と、
難聴の可能性を考える必要があります。

 

 

集団的な関わりの中で、
発達障害の症状が現れやすいのが「こだわり」です。

 

家庭内よりも、友達との関係の中で
強いこだわりを持ってしまうため、トラブルになりやすくなります。

 

 

情緒的な症状としては、
「一度感情が高まると、なかなか興奮がおさまらない」
というものがあります。

 

特にパニックを起こしてしまうと、
自分を痛めつけてしまう、自傷行為に
なったりする場合があるので、注意が必要です。

 

 

自閉症で言葉が極端に少ないと、伝えたいことが伝わらず、
自家中毒を起こすこともあります。

 

また、言葉での表現は苦手ですが、
身体について強い興味を持ったりします。

 

 

子供の発達障害の原因は?

子供の発達障害の原因は、
生まれつき脳機能の発達に障害があること
だとされています。

 

 

なぜ、脳機能の発達に障害が出てしまうのか、
はっきりわかっていません

 

遺伝子の異常胎内環境の異常など、
様々な説がありますが、
残念ながらどれも実証にはいたっていません。

 

 

また、栄養状態や、新生児期の低血糖による
影響ではないかという説もあります。

 

脳という臓器そのものが、まだ多くが未知数のものであり、
原因をはっきりさせるのも、難しいのかもしれません。

 

 

子供の発達障害の治療法は?

子供の発達障害には、
生活の見直しそのものが治療となります。

family-84865_640

 

治療となると、「正常な状態になる」という意味ですが、
生まれつきの脳機能の発達が障害になるわけですから
完全な治癒というのは難しいんです。

 

 

子供の発達障害は、一つの個性とみなして
周囲とのズレを減らし、コミュニケーション力を高めながら
子供本人が付き合っていくものになります。

 

子供の頃に診断を受ければ、できるだけ早い対応で、
社会に出た時の状況が変わってきます。

 

家族を含め、周囲の配慮を得ながら、
生活マニュアルをしっかり作ることがとても大切です。

 

 

発達障害の場合、
回りくどい説明注意はとても苦手です。

 

説明や指示は短い文で、
順を追って、具体的に伝えます。

 

 

また、一日のスケジュール
前もって伝えるようにしましょう。

 

文字の学習時には、太めの鉛筆と
厚紙の下敷きを使って、感覚のサポートを行ったり、
身体感覚のケアのため、
定期的なトレーニングなどもおすすめです。

 

自閉症の少年の成長を書いた、
「光とともに…」という作品は、参考になる部分も多く、
気になる方は一読をおすすめします。

 

楽天ブックスでの「光とともに…」の検索結果はこちら

 

 

発達障害と診断される場合でも、実は生まれつきではなく、
新生児期の低血糖などが問題であったり、
栄養欠損によるものであれば、
栄養素を補うだけでも改善がみられる場合があるようです。

 

その場合は、ビタミンミネラルの補給など、
通常の食事では間に合わないため、
高濃度の医療用サプリメントなどが使われます。

 

幼児期ではなく、小学校高学年になって
診断された場合などは、一度後天的な要素
考えていただければと思います。

 

 

 

子供の頃に、脳へのダイレクトな影響を及ぼす
投薬はおすすめできません

 

どうしても、投薬へとつなげる場合は、
副作用などをしっかり確認の上、
短期投薬で様子を見るようにしましょう。

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ