発達障害とは?大人の特徴は?チェック法や治療は?





027999大人になってから、
発達障害と診断される
ケースが増えているようです。

 

発達障害の特徴は、
協調性が無いなど、
社会的に適合できにくいこと。

 

大人の発達障害になると、
子供の頃に強制されてきた
部分も多いため、
チェック法も細かくなり、投薬治療がメインになります。

 

発達障害という診断があっても、
社会的な認知がないと、本人にとっては
辛い環境が続いてしまいます。

 

大人になって発達障害と診断される人の
特徴チェック方法治療法など、
詳しくご紹介していきましょう。


Sponsored Link



大人の発達障害とは?

これまで発達障害とは、自閉症や学習障害などの
成長期における子供の障害と思われてきました。

 

脳機能の発達に関係する障害になるため、
子供のケア対策は進んでいます。

 

 

しかし近年になって、大人になってから
発達障害と診断される人が増えてきています。

 

子供の頃には、「発達障害」と診断される基準がなかったため、
昔は「ちょっと他の子と違うね」くらいで見逃されてきました。

 

しかし、精神科学が進み、発達障害の診断基準ができたことで、
大人になってから発達障害が「発見される」ことになってしまったのです。

 

 

大人の発達障害は、子供のものと同様に、
大きく3つに分けられます。

 

アスペルガー症候群や自閉症などの広汎性発達障害

多動や不注意などが目立つ、注意欠陥・多動性障害(ADHD)

知的発達には問題がないのに読み書きなどが覚えられない、
どうしても書くことができないなどの学習障害があります。


Sponsored Link



大人の発達障害の特徴は?

大人の発達障害は、特徴もさまざまです。

 

子供の頃から、「何かちょっと違うかも…」と
周囲から浮くことも多く、
自分に自信がない人が多いようです。

 

集団生活に溶け込んでいるようで、
違和感を感じているため、
人付き合いが苦手になってしまいます。

 

また、特別なこだわりを持つことも多いため、
ますます周囲とのズレが目立ってしまうことがあります。

d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_s

 

 

アスペルガー症候群などの広汎性発達障害であれば、
コミュニケーションの障害があるので、話しかけられるだけでも
恐怖感パニックを感じるようです。

 

しかし、好きな事だったらいつまでも話すことができ、
誰よりも知識が豊富で、かなり専門的に
取り組む能力にたけています。

 

 

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の特徴は、
遅刻の多発忘れ物の多さです。

 

何度言っても資料を忘れてしまうなど、
単にルーズな人と思われがちですが、
脳機能の発達が問題である場合があるのです。

 

 

学習障害の特徴は、
会議や電話中のメモがわかりづらいこと。

学習レベルが小学生程度であることもよくあります。

 

メモを取ることが苦手なため、書くことに
集中しすぎて周囲に目が向けられなかったり、
必死に書いていても、容量が悪いため、
何を書いているかわからなくなるのです。

 

 

大人の発達障害のチェック法は?

大人の発達障害のチェック法として、
まず社会や周囲との協調性について感じてみましょう。

 

どうしても、話がかみ合わない…
コミュニケーションがうまく取れないなど、
長年の課題ではなかったでしょうか?

 

 

大人になって、発達障害と診断されると、
ホッとする人も多いようです。

 

まずは一度、以下の項目を
チェックしてみてくださいね。

a0001_014058

 

 
  1. 普段の会話でまばたきが少なく表情の変化に乏しい。
  2. 年齢の割に幼い反応をする。
  3. 落ち着きがない。一方的な会話をする。
    もしくは、聞かれたこと以外は話さない。
  4. こだわりが強く、細かいことまで正したりする。
  5. 誤った敬語の使い方をしたり、
    こだわりのある略語や造語のような単語を並べる。
  6. 感情のコントロールができず、急に怒り出したりする。
  7. 要点を整理して話すことができない。
  8. チック症状がある。
  9. 周囲との協調性がなく、場が読めない。
  10. 相手の立場を考えることができず、
    自分の思い通りにならないとパニックになる。
 

 

いかがでしたか?

周囲との違和感が、脳機能障害だとすれば、
治療によって改善する可能性があるのです。

 

 

大人の発達障害の治療法は?

大人になって、発達障害と判断される人の多くは、
職場などで適応障害を起こしています。

つまり、職場で周囲の理解が得られない状態です。

 

 

子供の頃から、脳機能の障害を抱えながら、
社会に溶け込もうと必死に過ごしてきたからこそ、
ますます社会で浮いてしまうという結果になっています。

 

それが大人になって、発達障害と診断されることで、
本人のやる気の問題ではなく、脳機能の障害であることを
理解してもらえると思います。

 

それだけでも、
安堵感を覚える人も多いかもしれません。

 

 

診断後には、投薬での治療
すすめる病院が多いようです。

a1180_007522

 

 

各自治体には、発達障害支援センターがありますので、
専門医による最終診断と、治療方針を
確認することをおすすめします。

 

 

発達障害は、
投薬ですべて改善するものではありません。

 

周囲の理解を得ながら、得意分野の仕事をしたり、
適応する環境での生活を続けることも必要です。

 

また、家族を含め、自分自身で生活のリズムを作り、
周囲とのコミュニケーション力を高めるための、
「生活マニュアル」などを用意するのもいいでしょう。

 

 

発達障害と診断される方の中には、
一分野についてかなり専門的に知識があり、
天才的な活躍をする人も多いのです。

 

それは一つの個性であり、
すべてを打ち消すような治療だけが、
すべてではありません。

 

 

大人の発達障害と診断された場合、
悪い面を治すというよりも、良い面を伸ばしていくことも
大切なことなのです。

 

そのことを忘れず、周囲の理解を得ながら、
少しずつ「発達障害」と向き合っていきましょう。

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィールはこちら!

管理人ハリー

管理人:ハリー

このページの先頭へ